• ようちゃん先生

”やってはいけないこと”を伝えるよりも


「あー!それやらないで~!」


「それやっちゃダメって言ったでしょ~!」 あれだけ言ったのになんで…

と思うことありませんか?


3歩歩くと忘れるニワトリよりも

子どもの方がすぐに忘れてしまうのでは…(*_*)笑

やってほしくないことを伝えるよりも

日々意識すると効果的なのが

”やってほしいことを伝える”こと。




人間の脳は否定的なことを考えながら

肯定的なことはイメージできないんですよね。


例えば

”水こぼさないようにね!”

と言うと、こぼしているところをイメージしてしまって

逆にこぼしてしまう可能性が上がるんです。


「だから気をつけなさいってあれだけ言ったのに…」

と、そのあとにまた余計なことを言いたくなっちゃいますよね(^^;)


”水を上手に運んでね!” と肯定形で言うことで

うまく運ぶイメージにフォーカスされて

上手にできるようになるものですよ(^^)


仕事でも否定されながらやるよりも

励まされながらやった方が

自信もっていいパフォーマンスも発揮しやすいですよね♪


つい心配になって言ってしまう言葉が

否定形になりがちだっと気づいたらチャンス!

言う前にぐっとこらえて

肯定形に変換してみてください。


イライラも不思議と減って

親子に笑顔が増えるかもしれません(^^)

22回の閲覧

©2019 by 子育てがちょっとラクになり、親子がもっと笑顔になる秘訣.